MMアシスト お問合せ サイトマップ 会社案内

MMアシストは、メルマガ配信・プロモーションメール配信に役立つEメールマーケティングツールです

株式会社アイリンク
MMアシスト スタンダード・ベーシック お問合せ
サイトマップ 会社案内
 
MMアシスト 製品のご案内 無料体験版 オンライン購入 メールマーケティング活用塾 お客様の声 ユーザーサポート
 
最新記事
製品と同機能を無料でお試し下さい
MMアシスト無料体験版
1ヶ月間、「配信回数」「メール数」「広告挿入」などの制限は一切なしでご利用いただけます。機能は製品と同じです。ご購入後は、体験時に保存したデータをそのまま引き継ぐことが可能です。
まずはお試しいただき、ご検討ください。
体験版ダウンロードページへ
ご利用いただける決済方法
・銀行振込
・クレジットカード
・コンビニ振込
セブンイレブン・ファミリーマート、クレジットカード デジトラスト デジトラストによるSSL暗号化通信を採用(導入)しています。
>>個人情報保護について
>>特定商取引法に関する表記
HOME > パーソナリゼーションメールの効果
メールマーケティング活用塾

パーソナリゼーションメールの効果

パーソナリゼーションとは、顧客ごとに別々なメールを作成することで、 そのように行ったメールを「パーソナライズド電子メール」とも言います。 では、なぜそもそもパーソナリゼーションが必要かといいいますと、メールを受け取るほうからしますと、 一括で配信されるものよりも、自分だけ宛に送られるメールを見ませんか?一括配信でも、 送る先が送り主を同じメールアドレスでは、すぐに一括配信であると思われます。
※BCCメールなどの【送信者】と【宛先】が同一である例
BCC配信

上記のように、送信者と宛先が同じだと、すぐに一斉に同じ内容を配信していることがわかります。
一方、次のようなメールだと、このような一斉配信によるメールだと解からないのではないでしょうか?
パーソナライズド電子メールの例

パーソナライズドメール

一括配信されたもの、と思われるよりも、このように自分宛に送られたものと思われたほうが、 メルマガや顧客へのメールニュースの開封率も高まります。また名前を入れることで親しみを表現できますよね。
 名前の他にも、MMアシストでは、追加した情報を自由に挿し込むことができるのです。
MMアシストで名前、地名、生年月日を顧客ごとのメールに入れた場合
MMアシストでこのように書くと、次のようなメールが相手に届きます。
MMアシスト 本文にキーワード挿入

届いたメールは・・・ その人その人の情報が差し込まれより親近感のあるメールの文章になります。
メールにその人のデータが盛り込まれます

いかがでしょうか?

MMアシストは、ソフトで追加した列名をいくつでも、メールの本文に追加できますので、 開封率が高く、真心のこもったメールをお客様一人一人にお送りすることになりますので、 メールを受けた方も気持ちよくメールを読めます。このパーソナライズド電子メールが一般的になっても、 自分の名前などを入れられて嫌に思う方は少ないと思います。

よろしければ、体験版をダウンロードして実際にお試しください。体験版ダウンロードページへ

 ページの先頭へ
 

個人情報保護に関する基本方針  特定商取引法に関する表記  商標について  免責事項  サイトマップ  HOME
Copyrights (c) 2nd-stage Co., Ltd.有限会社セカンドステージ