MMアシスト お問合せ サイトマップ 会社案内

MMアシストは、メルマガ配信・プロモーションメール配信に役立つEメールマーケティングツールです

株式会社アイリンク
MMアシスト スタンダード・ベーシック お問合せ
サイトマップ 会社案内
 
MMアシスト 製品のご案内 無料体験版 オンライン購入 メールマーケティング活用塾 お客様の声 ユーザーサポート
 
ユーザーサポート
オンラインヘルプ
よくある質問
お問合せ
製品と同機能を無料でお試し下さい
MMアシスト無料体験版
1ヶ月間、「配信回数」「メール数」「広告挿入」などの制限は一切なしでご利用いただけます。機能は製品と同じです。ご購入後は、体験時に保存したデータをそのまま引き継ぐことが可能です。
まずはお試しいただき、ご検討ください。
体験版ダウンロードページへ
HOME > ユーザーサポート > オンラインヘルプ > メール配信
ユーザーサポート

オンラインヘルプ
ヘルプの目次へ 

メール配信

1.送信者の設定
2.配信者リストの作成
3.グループの追加
4.配信者データ(キーワード項目)の追加
5.配信者リストの読込(Excel,csv)
6.本文の作成
7.本文の保存と読込
8.本文の装飾
9.メール送信
10.メールアドレスチェック
11..配信者の検索
12..配信者の解除

 送信者の設定

メール配信を行う前に送信者の情報を設定します。
 メニューの[メール]→[サーバー設定]か をクリックして、サーバー設定画面を表示します。

画面の各項目を下表に示した内容を参考に入力してください。

■分割配信の設定
分割配信の設定 通常は[しない]となっており、分割配信は行いません。
[する]を選択すると指定された配信間隔を空けて、指定された配信数で配信を行います。
一度に配信するメール数 分割することを選択した場合、一度に送られるメール数を指定します。
配信時間の間隔(sec) 分割することを選択した場合、空ける間隔を秒数(sec)で指定します。

■配信ログの設定
自動保存の設定 [する]を選択するとメール配信時に下記の情報が保存先に保存されます。

・送信者リスト(成功) 「send.txt」
・送信者リスト(失敗) 「fail.txt」
・送信メール内容

ログ保存先 自動保存の設定で[する]を選択した場合のログの保存先を入力します。
[参照]でディレクトリを選択することも出来ます。
※ネットワークフォルダは設定することが出来ません。

■送信サーバー情報
SMTPサーバー

メールの送信サーバーを入力します。

認証種別 送信サーバーの認証方式を選択します。
ID 認証が必要な場合に入力します。
PASSWORD 認証が必要な場合に入力します。

■受信サーバー情報
POP3サーバー

メールの受信サーバーです。

ID 受信サーバーのアカウントを入力してください。
PASSWORD 受信サーバーのパスワードを入力してください。

■送信者情報
送信者名

メール配信時の送信者名を入力します。

送信者メールアドレス メール配信時の送信者メールアドレス(返信先)を入力します。
署名 メール本文の下に記入される署名を入力します。

全ての項目を入力したら[登録]をクリックしてください。
 このとき未入力欄がある場合は、エラーメッセージが表示されるので、画面の指示に従い、未入力欄を入力してください。
 正しく入力が行われている場合、登録完了メッセージが表示されます。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 配信者リストの作成

配信者リストは、Microsoft Excel又はCSVファイルからデータを読込むことが可能ですが、読込む前にそれぞれのグループや本文で使用する配信者毎のデータを設定する必要があります。
 配信者リストの設定は、メニューの[メール]→[配信者リスト]かをクリックして配信者リスト画面を表示します。

ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 グループの追加

初期状態では、配信者エクスプローラにグループが一つもありません。
 配信者エクスプローラ部分で右クリックし[グループの追加]を選択して、下の画面よりグループ名を入力し、グループを追加してください。

グループが追加されると配信者エクスプローラに追加した名前のグループが表示されます。
 グループ名の右に表示されている数字は [送信者数/配信者数] です。
 また、グループ名は一度登録した後でもグループを選択してから、ダブルクリックすることでグループ名を変更することが出来ます。
注)グループは最大で100個まで作成できます。

ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 配信者データ(キーワード項目)の追加

MMアシストでは、標準で配信者毎に名前とメールアドレスの項目を持っています。
 これらの項目は、本文作成で[キーワード]として本文の中に挿入することが可能です。
 メールマーケティングでは、これらの配信者毎の情報の使い分けが重要となりますので、是非、ご利用になることをお奨めします。
 配信者データ列の追加は、配信者リストの表項目欄の部分で右クリックすることによって、図に示したメニューが表示されるので、[列の追加]をクリックし列名を入力して列を追加してください。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 配信者リストの読込(Excel,csv)

それぞれのグループへの配信者の登録は、MMアシストで1件づつ登録できますが、多くの場合、Microsoft ExcelやCSV等のデータファイルから読込む場合が多いため、ここでは、配信者リストのファイルからデータを読込む方法について、説明します。

1) Microsoft Excelからのデータの読み込み

 Excelから読込む場合、下記の内容に注意して下さい。

・読込むデータは最初のシートに入力してください。
・1行目の項目はMMアシストの列名に合わせてください(半角・全角も区別します)。

具体的には、下の図のようになります。

データの作成が終わったら、いよいよデータの読込です。
 MMアシストメニューの[メール]→[データ読みこみ]かをクリックして、下のデータ読込画面を表示してください。

配信者リストを登録するグループを選択し、[OK]ボタンをクリックします。
 このとき、新たにグループを作成する場合は、[新しいグループ]を選択します。


ファイル選択画面が表示されるので、先程、作成したファイルを選択して[開く]をクリックします。
 データの読込が開始され、下のダイアログが表示されます。

全てのデータの読込が完了し、下のダイアログが表示されれば、データ読込の終了です。

注)データの読込は読込むデータの件数によって、読込にかかる時間が変わってきますが、パソコンのメモリなどを考慮し、一回に読込むデータ件数の上限は20,000件程度としてください。

2) CSVファイルからデータの読み込み

 データの読込方法は、Mocrosoft Excelと同様となります。
 データの形式については、カンマ( , )区切りの文字列であれば、そのまま読込まれます。


この場合も、Microsoft Excelと同様に1行目はタイトルデータとなります。



3) 1件づつデータを登録する場合

 1件づつデータを登録する場合、下記の手順によって操作を行います。

1.配信者データを追加したいグループを選択します
2.配信者テーブルで右クリックをします
3.[データの追加]を選択します
4.下の画面の項目を入力して[OK]をクリックします



ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 本文の作成

メールの本文を作成する場合は、MMアシストメニューの[メール]→[本文作成]かをクリックして本文作成画面を表示させます。
項目 機能
グループリスト 配信者リストに登録したグループが表示されます。配信を行うグループのチェックボックスをONにしてください。
送信オプション 送信メールにファイルを添付する場合、ここでファイルの場所を指定します。をクリックしてファイルを選択します。
本文作成 タイプ [TEXT]又は[HTML]のどちらかを選択します。HTMLメールの場合は、[HTML]を選択してください。
タイトル メールの件名を入力します。タイトルにも後述で説明する[キーワード]を挿入することが出来ます。
本文記入欄 メールの内容を記載します。内容には[キーワード]や飾り線などをうまく使い分けて読み手にとって読みやすい内容にしてください。

ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 本文の保存と読込

MMアシストで作成した、本文はTEXT形式かHTML形式で保存することができます。

[本文の保存]‥‥本文を保存します
[本文の読込]‥‥保存した本文を読込みます。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 本文の装飾

1.キーワードの挿入
配信者リストの列を本文内にキーワードとして挿入することができます。
キーワードの挿入は、[キーワード゙挿入]をクリックし、下の画面で挿入したい項目を選択し、[OK]をクリックします。


また、キーワードはタイトルにも挿入できるので、より配信者別の特徴を出せます。
キーワードがどのように入っているかは[プレビュー]で確認することが出来ます。

2.飾り線の挿入

本文を作る際に飾り線を効果的に使うことによって、読みやすい文章を作成することが出来ます。
飾り線は、[飾り線挿入]をクリックして、下の画面からお好みの飾り線を選択し、[OK]をクリックすることで、本文に飾り線を挿入することが出来ます。

ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 メール送信

メール送信には、以下に示した3種類のタイプがあります。
どのタイプでもMMアシスト内部に組み込まれている送信サーバーを起動し、メール配信を行います。
MMアシストでは、外部のサーバーに負荷をかけることなく配信できますが、お使いのパソコンで全ての処理を行うため、ウィルスチェックソフトなどで送信メールのチェックを行っている場合は、メール配信時に送信メールのチェックを解除することをおすすめいたします。

テスト送信
[サーバー設定]で入力した送信者メールアドレスあてにメールを配信します。

送信
選択したグループにメールを配信します。

タイマー送信
選択したグループを指定した時間にメール配信を開始します。

注1) MMアシストでは、メール配信を開始すると、停止することはできませんので、慎重に配信グループと本文を確認してから配信してください。
注2) 配信履歴は、[サーバー設定]で配信ログの保存を設定している場合、その保存先に日付と時間のフォルダが作成され、送信者リスト(send.log)と未送信者リスト(fail.log)及び送信した本文が保存されます。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 メールアドレスチェック

MMアシストでは、間違っているメールアドレスや重複しているメールアドレスをグループごとにチェックすることができます。
アドレスのチェックは[アドレスチェック]をクリックすると下の画面が表示されるので、[はい]を選択することでアドレスのチェックを行うことが出来ます。


メールアドレスのチェックが完了すると、下のようにエラーアドレスは赤く、重複アドレスは青く表示されるので、それぞれの内容を確認して修正や削除を行ってください。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 配信者の検索

メール配信者を名前やメールアドレスから検索したい場合、[配信者リスト]の[検索条件]に検索したい文字列を入力して[検索]をクリックすることで、データの検索を行うことが出来ます。
 また、複数の検索条件を指定したい場合は、検索文字列に複数条件文字列を半角スペース(' ')で区切って入力することによって、検索できます。



上記で「はい」を選択した場合
検索結果は新しいグループ「検索結果」に保存します


いいえを選択した場合
新しいグループを作成・保存されず、現在のグループのまま、検索結果を抽出したリストのみが表示されます。(このとき、もとのグループの表示されていないデータは、削除されません。)


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 メール配信の解除(解除リストの読込)

MMアシストでメール配信の解除を行う場合は、データを個別に削除するほかに一括で削除することが可能です。
一括でメール配信を解除するには、[メール]→[解除リスト読込]を選択するかをクリックすると下の画面が表示されます。


ここで配信解除リストを摘要したいグループを選択して、[OK]をクリックします。
 配信解除リストは、配信者データを読込むときと同様にMicrosoft ExcelかCSV形式のデータとなります。
 ファイルを選択して[OK]をクリックすると読込が開始し、そのグループのリストに該当するデータが削除されます。


ヘルプの目次へ ページの先頭へ

 

個人情報保護に関する基本方針  特定商取引法に関する表記  商標について  免責事項  サイトマップ  HOME
Copyrights (c) 2nd-stage Co., Ltd.有限会社セカンドステージ